FC2ブログ

相互リンク


ランキングにご協力お願いしますm(_ _)m

ブログランキング

FC2ブログランキング

とうとう日記(その他)ランキングTOP10入り! 総合ランキング - 1806位 日記 - 95位 →その他(100%) - 8位 更新日時9月9日

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

訪問者の方々

edita.jp【エディタ】

ブログ内容


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
正直今日は暗いニュースです。

そろそろ学生の皆さんは、2学期も始まることですし、始業式早々に自殺者が出ないように私の実際のいじめ経験談を告白して、元気を出してもらいたいと思います。

私は小・中・高といじめをそれぞれ受けてきました。

9年間と,言いたいところですが、最上級生になったらさすがにいじめが減ってきたので、6年ぐらいです。

小学生では4年生までいじめを経験しております。

入学式の翌日、登校したら、隣のクラスの子に「デブ」と言われ、下駄箱から校門まで投げ出されました。結構痛かったです。

確かに私はかなりの「デブ」でした。125cmで40kg以上はありました。食っちゃ寝ばかり繰り返していましたから・・・

それが4年間続きました・・・
友達はいましたが、友達は外で遊ぶときは違う人と遊んでいたため、1人でした。運動が苦手な私は、積極的に休み時間は外に遊ぶこともなく、1人で階段を往復していました。少し痩せようとは努力していたのです。

飽き性だったので、すぐにやめ、図書館で1人寂しく本を読んでいたことがありました。先生には「外で遊びなさい!」とよく言われてましたね・・・。

5,6年では、委員会活動もあったので、仕事に没頭でした。
友達ともよく遊びました。

中学生になったら、地元の学校と、他の1校の学校の生徒の1部が同じ中学校に入学しました。

最初の1週間は良かったのですが、すぐに仲間はずれにされてしまいました・・・。
趣味も合わず、会話も弾まなかったのも1つの原因になっています。

学校では仲良く過ごしているときもありましたが、放課後はよく遊ぶ人が1,2名ぐらいでした・・・。5人のときもありましたが、1ヶ月に1回ぐらいでしたね。

正直自分は寂しがりやなんだな。と思ったのがこの時が初めて気づきました。
自分はかなり強がっていたんだなと…。

中学では、暴力を受けることはなかったのですが、良く輪の中に入れない・・・と、いうか入ることが出来ないことがありました。
修学旅行とかが嫌な思い出を思い描きます。

中学では1年と修学旅行のときだけ、かなり辛い思いをしたのかなって今では思います。

高校生になり、皆から離れ、たった1人で商業高校に入学しました。
中学で、同じ女子が1人いましたが、仲は良くなかったので、ほぼ1人での活動です。

やはり、辛かったのが入学式の後です。しかも1学期でした。
自分が嫌なあだ名を付けられ、ほぼクラス全員から呼ばれてしまいました。

場の空気を読んで返事した行動だったのに、裏目に来てしまいました。
これを学校に来る度に、あだ名で言われていました。

毎日でしかも授業中まで言われつづけ、正直死にたいと思ったことがしょっちゅうありました・・・。

ちなみに、そのあだ名は「半魚」です

芸能人では「今田耕司」さんがIQサプリでたまに言われますが、大人ですし、お笑い芸人ですから、場をなごます力があります。すばらしいですよ・・・。本人は正直辛いと思いますけどね。

高校生だった自分は、そんなこともできないし、止める力も無かった…
だって1:31でしたから…正直無理でしょう?

ここで死んでしまったら、親に申し訳無いし、幼い友人にも迷惑かけると心に思っていたからこそ、この苦難を乗り越えることが出来ました。

2学期に入って、新入生が入ったので、状況が変わりました。
「半魚」と呼ぶ人が5名減り、少しだけでしたが、楽になりました。

そこで、今度は新入生のいじめが入りました。
まあ、皆気持ち悪いと言っていたので、こっちとしては自分の人生を変えるチャンスだと思いました。

結果、1ヶ月後、そのいじめられていた新入生が「○○死ね」と書いたのがきっかけで、クラスでのなが~いミーティングが入り、私も「○○君」と呼ばれるようになりました。ちなみに新入生は問題を起こしたので、学校を去りました。

それから2年では、知らないクラスの人もいたし、同じクラスだった人が10人ほどいなくなったので、10名ぐらいまでに減りました。そして、3年の2学期で、2人までに減りました。現在は0名です。

タイミングって大事なんだな~って初めて思いました。
ず~れた~間~の悪さも~だ~いじな~んだね!タイミング~♪
懐かしいですね。ブラックビスケッツの「Timing」です。
これの歌詞の意味が高校生で理解できました。

いじめを耐えてきた学生生活でした。
どんな思いでこれをガマンできたかというと・・・。

「こんな自分でも、死んだら悲しむ人がたくさんいる!」

この思いがなければ、今自分がここにいることは無かった…
16歳で死んでいたかもしれません。

もし、これを見ている学生の人達・・・。に言います。

いじめは楽しくありません。
楽しむものでもありません。
哀しみだけが残ります。
これは本当です。頭の中にいれるなり、心の中に止めておいたりして、今後の行動に気をつけてください。

皆それぞれ個性があるのです。批判するのは悪いことをしたときだけ言いましょう!

気を、悪くした読者の皆さん申し訳ありませんでしたm(_ _)m










スポンサーサイト
コメント

 こんにちはー(*^。^*)。
人として多かれ少なかれ”いじめ”体験はあると思うのですが、それをどういうふうに解釈するかによると思います。
 人生は”魂の修業の場”ですので、色々なことが起こりますが頑張っていきましょうね。
(*^。^*)のポチで~す。
前進あるのみですよ・・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

読みながら、とても心が痛くなりました・・・


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

色付きの文字
こんな事をここで言うのもアレだなぁと思ったんですけど
私、1年の頃クラスの女子をいじめてました。
正しくはいじめてたグループに入ってました。
仲が良かったグループに、その女子をすごく嫌ってる子がいたんです。
いじめられてた子をNと呼びますね
Nは最初、私たちのグループに入ってました。
グループ自体は結構派手で、クラスではたぶん1番目立ってました。
でも、正直Nはなんていうか。。
クラスで嫌われ者だったんです。
そういう子が一緒のグループに入るのが嫌って思ってた子がいっぱいいて、陰口が始まりました。
でもどんどんエスカレートしていって・・・
Nに聞こえるように「来ないで」とか言ってて。。
ある日、Nと私と、何人かで話してたんです。
そしたらNがいきなり、私のテストの点数について
話し出して、
「○○点だったでしょ?見ちゃったんだぁ」
って大きな声で言い出して。。
クラス全員がこっちをみたんです
私は恥ずかしくって、どうしようって固まってて。。
そしたらグループの子がこっちに来て、Nに
「調子乗んなょッ」
って言って、Nの髪の毛引っ張っちゃって。。
私、正直Nがむかついたし、キレちゃって。。
Nとケンカしてる子に「もぅいいよ」って言ったんですけど
怒りが収まらなくて、Nに「覚悟しとけ」って言っちゃって・・
その日の放課後からNに対するいじめが激しくなって。
でも私も止めるとかできなくて。。
学年が変わって、クラスがNと離れたんでそのいじめは
とりあえず収まってます。
けど、やっぱり私はNにあわせる顔がありません
私が止めとけば、Nは傷つかなかったのかもしれないと
思うと、もう苦しくて。。
本当に謝りたいです。。


>学年が変わって、クラスがNと離れたんでそのいじめは
とりあえず収まってます。

今2年か3年生なのですかね?何回か読みなおしてみたんですけど、ちょっと気になってしまいました。

>けど、やっぱり私はNにあわせる顔がありません
私が止めとけば、Nは傷つかなかったのかもしれないと
思うと、もう苦しくて。。本当に謝りたいです。。

文章を読む限りでは、奈津実さんはNさんに、恥ずかしい思いをされていたわけですよね?
その通りでしたら、Nさんの方が、ちょっと自己中であり、周りの気持ちを考えずに行動したことなので、いじめが入るのはしょうがないと思います。
そうでなくても陰口はかなりありますよ。

Nさんが何も悪いことしていないのに、行動が普通の人と違うだけ(実は障害者)でいじめられたという観点だったら話はちょっと変わりますけどね。

もし、勘違いだったら申し訳ありません。

奈津実さんが謝る必要性はこの文章からの解釈では必要無いです。逆に「ちょっと言いすぎた。ごめん」と相手が言ってもらったほうが良いです。
また、今後同じ行動を繰り返しますから…。

お互いの面で理解し、今後このような事が無いように反省して、またお友達をやり直せば、絆はより深まります。

また喧嘩が起きても、前みたいにエスカレートすることもありません。

私からはこのようなアドバイスぐらいですね。

ご理解できなかったら申し訳ありません。
HP無いようなので、こちらで返信することにしました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © -オーラの引きこもり男 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。